廃車済みバイクの再登録手続きと必要書類

リサイクルショップやヤフオク、メルカリなどの個人売買で中古のバイクを買うとき、バイクが廃車済みの場合があります。

廃車済みのバイクに乗る場合、再登録(中古新規登録)をしてナンバーを取得しないと公道を走ることはできません。

バイク新規登録

バイクの再登録(中古新規登録)

中古バイクを購入した際、ナンバープレートがついていないことは多いです(廃車済・一時抹消など)。もちろんそのままでは公道で乗ることはできませんので、

原付(125cc以下)なら市区町村の役所
126cc以上なら運輸支局(陸運局)

で所有者登録をして、ナンバーを交付してもう必要があります。
もしも前所有者が廃車手続きをしていない場合は、新たに自分が所有者であるという名義変更の手続きを行う必要があります。

中古原付バイクの登録に必要なもの

  • 廃車証明書(廃車申告受付書)
  • 譲渡証明書または販売証明書
  • 軽自動車税申告書兼標識交付申請書
  • 印鑑 (認印可)
  • 身分証明書
  • 石ずり

廃車証明書

前の所有者が廃車した際に役所から発行された書類です。新車登録の際は「廃車証明書」の代わりに「販売証明書」が必要になります。販売証明書は購入したショップから発行されます。

譲渡証明書または販売証明書

個人売買の場合は譲渡証明書。譲渡証明書は役所の窓口またはホームページから入手できます。バイクの販売店から購入の場合は、販売証明書。販売証明書には、メーカー名、排気量、車台番号及び販売店の押印があるものが必要です。

軽自動車税申告書兼標識交付申請書

バイク登録のための申請書です。役所の窓口でもらえますので、その場で記入すればOKです。

印鑑

認印で大丈夫です。(シャチハタ不可)

身分証明書

公的機関発行のもの(運転免許証、健康保険証など)

石ずり

車体番号の証明のために紙やマスキングテープをあてて鉛筆などでこすって写し取った車体番号のコピーのことです。最近はほとんどの自治体で 石ずりは不要のようですが、念のため事前に確認しておくと良いでしょう。(中国製のバイクなどの場合は特に)

原付バイクの登録方法

バイク登録

原付バイクの登録は住民票のある市区町村の役所(税務課が窓口です)で行います。窓口で軽自動車税申告書兼標識交付申請書をもらって記入して申請しましょう。原付の登録は即日完了し、その場でナンバープレートが交付されます。原付の場合、ナンバー取得に費用はかかりません

原付バイクの登録は意外と簡単で半日ほどあれば終わってしまいます。代行業者などに依頼すると数千円取られてしまうこともありますのでぜひご自分でやってみてください。